40代からの男磨き 金持ちになるための哲学

ワインの好みで男の価値を計る

世の中にはろくな男がいない・・・・まともな男を見極めるのは女性にとっての人生の最重要課題かもしれません。愛情がある内はいいかもしれませんが、熱は徐々に冷めるものです。あの情熱的だった恋愛感情を忘れ、熱が冷めきった時に最後に残るのはやはり生活の質だと思います。年収の低い男を捕まえてしまっては最終的にあなたに残るのは、潤いを失った老いたお肌と、家のローンと、脂ぎった配偶者です。やはり最後にモノを言うのはお金です。当サイトではいろいろな切り口で男の価値を統計的に計っていきたいと思います。

 

ワインの好みと年収には法則があるか?ワインの種類は大まかに赤ワイン、白ワイン、最後にロゼといったところでしょうか。その中で、最も年収が高いと言われているのが実は赤ワイン好きの紳士なのです。他にも赤ワイン好きは過程を大事にする傾向が強く、家族形成に積極的であるという傾向もあります。一方白ワイン好きは年収も平均からやや低く、まともに仕事はしているものの独身を楽しんでいる傾向が強いです。ロゼに至っては、年収も低めで、更に女性関係もやや乱れ気味・・・特定の誰かを作るというよりは複数のパートナーとグループ的に交際する傾向があります。

 

ワインの好みと性格を考えてみても、赤ワイン好きは非常に落ち着いていて、自信がみなぎる性格の印象があります。まさに一家の主といった具合でその風格は年を経るにつれてどんどん魅力が増していくことでしょう。一方白ワイン好きはどうでしょうか?白ワイン好きは印象としてはやや淡白な印象です。ワインの性質がそのまま正確に表れいる印象ですが、それを現実世界に当てはめて考えると出世欲や向上心はあまりなく、現状維持が最大の関心ごとといったところでしょうか。ロゼに至っては関心の中心が瞬間的な時間を快適に暮らすことに最大の関心があります。要するに今だけ楽しければいいやという短絡的な考えで、フェイスブックやツイッターに一日の時間の大部分を費やしてしまうのもこういったタイプです。

 

ワイン好きと 男の価値という観点で考えてみると、やはり最も価値が高いのは赤ワイン好きの男性です。結婚相手を選ぶのであればダントツで赤ワイン好きがお勧めです。間違ってもロゼ好きは選ばないようにしたいものです。ちょっと気になる異性がいるときは、まずはワインバーにでも誘ってみて好みをチェックしてみても面白いんじゃぁないでしょうか?

 

株式会社を作りたいと思ったことはありませんか?いい男とは常々企業家のような野心的なハートを持ったものでした。仮にこれを読んでいるあなたがそういう気持ちになった場合は出来るだけ費用を抑えた会社設立をおすすめします。ご参考に:会社設立費用|安くて確実な会社設立はこちら

 

更新履歴